2019年09月18日

ムスコのこと

border="0"

昨晩、起業した息子が報道番組に出た。
テレビ出演は何度目かだけど、いつみても笑う。
帰宅した息子が、どーだった?と言うから、
ニヤけてたね、コメントが真面目過ぎジャン。

日本語を学びたい現地外国の学生さんと、
経験豊富で日本伝統を身に持ってご存知の高齢者とをタブレットで繋いで、
世代も世界も超えて交流するって事業です。
この活動で認知が相当防げるってテーマの番組でした。

高齢者に限らず、一般の方にも交流を楽しんでいただきたいとアプリがあります。
sail
Helte って会社です




posted by はんなり at 13:56| Comment(0) | スタッフの日々のこと

最近のシゴト


IMG_2652.jpeg

「ざんねんないきもの事典」シリーズでキッズ達の間で大ヒットされた今泉忠明先生。
このたび「猫脳がわかる!」が文春から新刊され、
猫の挿入写真と著者近影のご協力させて頂きました^_^

posted by はんなり at 00:58| Comment(0) | スタッフの日々のこと

2019年03月10日

あれから8年


 2011年9月、hannariはオープンした。

 震災から半年。

 今 やらなきゃ! 思わず馬力が出た。

 

IMG_0648ば.jpg

幸せを運ぶ馬、ダーラナホース。 
2011.9.25 スタジオを立ち上げた思いを忘れないように、オープン日を書いてもらった。
いつもスタジオ花小物を作ってくれるブロムステルアンナさんで、
赤ちゃんの名前と誕生日など、サインも入れてくれて販売中



posted by はんなり at 00:15| Comment(0) | スタッフの日々のこと

2019年03月01日

世界の窓だった人


 あまりにも文書下手で、普段書きたい伝えたいことがあっても

 なかなかブログアップせずにいました。
 
 今年のゴールデンウィークは10日間という長い休日なので

 海外旅行にお出かけもさぞ多いでしょうねー^^

 昔話しで恐縮なんですが、私が小さかった頃、
 
 一般人が海外に遊びに行けるなんて夢のまた夢でした。

 私たち日本人が海の向こうの未知の世界を見せてくれたテレビ番組が

 「兼高かおる世界の旅」でした。

  日曜朝、テレビに向かって正座し、

  美貌と品高いお嬢様、兼高さんが果敢におてんばに楽しく旅する世界に

  どれだけ目をランランと食いついてたことか。

  どれだけ日本人が強く刺激され、海外に興味を持ち、女性の生き方の指針になったことか。

  最初の番組放映が戦後わずか14年の1959年からスタートしたようで、

  テレビが放映されてまだ6年後。 日本人にとってその刺激度はいかほどでしょう。 

  あの番組を見ながら、いつか彼女のように世界を飛び回る仕事がしたい!と

  小学生だったわたしの胸に強く秘めていたことをしみじみ思い出します。

  カメラマンになり少なからず海外出張も何度かしてきたけれど、

  到底及ぶことなく、天高く憧れの憧れの素晴らしく素敵な女性でした。

  その兼高さんが今年1月5日、安らかにお亡くなりになられました。

  ちょうど2年前、兼高さんと作家曽根綾子さんとの共著

  わたくしたちの旅のかたち発行の際に

  著者近影の撮影依頼をいただいたのです。

  兼高さんを敬愛する担当編集者には感謝のしようがありません。

  撮影する手は震えるほど興奮し、どうお話しかけていいのやら、

  ふだん芸能人や文化人を撮っていても、あんなに緊張したのは初めてです。

  そして、その際の写真が近親者ご葬儀のご遺影になり、

  ご参列者から「いい表情ね」と、ありがたいご感想があったようです。

  カメラマンになったのも兼高さんへの憧れ、これほど冥利に尽きることはありません。

  カメラマンになってたくさんの地や人と出会い、

  こうしてhannariを立ち上げることも出来た。

  カメラマンになってよかったです。

  「兼高さん、ありがとうございました」 昨日、偲ぶ会にてお伝えしてきました。

   このたび、その編集者の手により

  1959年発行、兼高かおる著世界とびある記の新装版が発行されました。

  60年前、兼高さんがワクワクしながら世界を見つめ歩いていた景色をご覧ください。

  さらに海外旅行が何倍も楽しく、違った視線で世界を見ていけるのではないかしら。
    
_Q9A2583.JPG

  右は2年前に発行された兼高かおるさん、曽根綾子さん共著。
  左はわたしで、渡米してサーカス団に入団しながら作品を撮っていた時です^^へへ
  
  
  

  


 
 
posted by はんなり at 15:04| Comment(0) | スタッフの日々のこと

2017年06月26日

幼児学級のママたちへ写真講座♬

先週今週と2日間に渡って、つくばの春日幼児学級にてママ達へ写真講座をしてきました。
昨年の島名地区に続き2回目ですが、やっぱり「先生」と呼ばれと気恥ずかしいものですねわーい(嬉しい顔)
テーマは「子供の写真の撮り方」
クマのぬいぐるみを使って実践、そのあとに本物の赤ちゃんが登場して撮影会。
たった1時間半でどんどん腕が上がっていくママ達でした
10月は谷田部の幼児学級に伺います。

IMG_4077.JPG
posted by はんなり at 21:42| Comment(0) | スタッフの日々のこと

2016年10月19日

カレンダーコーナに寄ったら見てね

もう今年も残すところ、たった2ケ月! ギョギョ
年を重ねるごとに日々流れ流れてどんどん加速する月日の中で、
このたび日めくりカレンダー表紙のお仕事をいただいたので、
よし来年は一枚一枚大切にめくりながら、
一日一日もっと実感持って生きていこう!と思うわけです。ほんとかな?

私は表紙のみ撮影し、中の365枚は一般の方々の応募から厳選された
とって質の高い写真がいっぱいです。
審査委員も務めさせていただきましたが、レベルの高さに驚きです。


_L0A1125.JPG_L0A1119.JPG

  犬めくり2017 猫めくり2017 カレンダーコーナーに立ち寄ったら見てね。
我が子のように愛おしく思う飼い主さんの目線に毎日癒されるはず!
表紙の猫ちゃんは茨城県稲敷郡の猫カフェ「ねこだまり」で会えますよん





posted by はんなり at 07:41| Comment(0) | スタッフの日々のこと

2016年09月19日

パラリンピックが終わった

いま、テレビから軽快なパラリンピック閉会式の様子が流れています。
結局チラチラしかテレビ観戦は出来なかったけれど、
開催前に障害者スポーツのトップ選手数名を撮影しただけに、
観戦にも熱が入りました^^

それぞれの障害に応じて、
健常者には伺いしれない未知の能力とマインドを真髄まで磨き上げ、
同時に競技能力を鍛えていくのですからホント半端ない訳ですよね。
大会前に出版されたこちらの伊藤亜沙先生著「目の見えないアスリートの身体論」は
視覚障害のトップアスリートに焦点を当てて、
まだ解明しきれてない人間の身体能力などを理論的にまとめられた本です。

このリオでも4個もメダル獲得したトップアスリート水泳の木村敬一選手も、
こちらの著書に登場しています。
ご自身でも認めるひょうひょうとしたご性格の木村選手ですが、この言葉が忘れられないです。
「人間が悲しむときって、何かを失うときだと思うんです。僕の場合は、そういった失った経験ではないので、そういうものだと思って生きてきましたね。宝くじが当たったらいいなぁと思うけど、当たらなくても生きていけるような感じ。僕はそういうふうに思います」取材チームが思わず息を呑んだ瞬間のインタビューの一文です。

どうぞ手にとってみてください^^
IMG_2954.JPG
posted by はんなり at 10:13| Comment(0) | スタッフの日々のこと

2016年08月25日

マレーシアレイン


毎日安定しない天気がつづきます。

いきなりなぐるような豪雨が降ったかと思えば、
何事もなかったようにピタッと止んで雲の隙間から絶好調の陽が差して、
線香花火のような柔らかい雨粒が、宙の中で葉っぱの上でキラキラきらめく瞬間、
ああ、なんて美しいんだろう〜と感動するたびに、
だいぶ昔に出張したマレーシアの雨を想い出す。
これは「スコール」というのよ、と現地の人に教えてもらい、
カメラを抱えて大粒の激しい雨の前で呆然としながら、
少し雨やどりをしていれば必ず止むことを覚え、
ピタッと止んだ瞬間に一筋の陽の光が全ての生をきらめかせる瞬間の美を知った。
赤道は絶対に北上しているはず、あのスコールが日本で観れるとは。

あのマレーシア仕事の何年後、アメリカへ作品撮りに行ったとき、
そのサーカスの日雇いテント張りの青年と話した。
いかつい男達の中で、細身の白い肌をした10代の青年がテントの杭を打っていた。
つたない英語でスタッフひとりひとりにインタビューしていた私は、
彼の基本情報を聞くなかで、やはり心がマレーシアへ飛んだ。
「僕は妻と別れてしまって、なかなか会えないんだけど可愛い赤ちゃんがいるんだ。
名前はマレーシアレイン。
マレーシアには行ったことがないけど、マレーシアの雨は美しいと友達から聞いたんだ」
そうそうそう、マレーシアの雨は本当ーに美しいのだよ! と心の中で叫んだっけ。

そんな遠い昔をずっと想いだすこともなかったのに、
この夏は美しい雨であればあるほどなんか涙が出そうになって、
あの青年も娘マレーシアレインちゃんも、どうかどうか達者でありますようにと天に祈るのです。

posted by はんなり at 09:52| Comment(0) | スタッフの日々のこと

2016年06月21日

携わった出版のお知らせの続き 「ねこでら」

前回に続いて、わたしが携わった出版のお知らせです。

さっこんすっかり猫ブームになっていますが、
福井県にある御誕生寺というお寺が、境内で野良猫たちの保護と譲渡活動をされていることから
通称「ねこでら」と全国ファンに知られています。
その猫たちのフォトブック「ねこでら」が先週10日に出版されました。
まだワンチャンブームだった10年前、
ベネッセさんより「ねこのきもち」という雑誌が創刊され、
以来ずっと、野良猫たちがどうにか殺傷処分されないよう熱心にご活動している全国津々浦々の
自治体や団体の撮影をさせていただき、そのなかで昨年取材に伺った「ねこでら」です。
その際に撮影した私の写真や、
全国のねこでらファンたちの写真とで構成されたフォトブックです。
さらに大きな目玉は、こちらの高尚なご住職様の心温まる、
グッとくるお言葉が写真とともに乗せられています。
境内の中で暮らす個性豊かな愛すべき猫たちの表情とともに、心和んでください^^
_MG_5948.JPG
ねこでらの一番人気、レオくん。私がこんなにそばに近づいても無動だにしません あっぱれ

_MG_5955.JPG
我ながら一番好きな写真です。 若い小僧さんたちが猫たちの世話をしています

_MG_5957.JPG
 ご住職のお言葉がグッときます!
「考えても 仕方のないことを 考えるのが 煩悩です」
 人間と違い、猫は悩みません。 
 悟っている自覚もなく「あるがまま」を実践しているのです。
 板橋ご住職「猫は迷わない」などたくさんのご著書があります

そうそう、日比谷シャンテB1にて、刊行記念パーティーがあります。
お誕生寺の副住職さんがお見えになって、お寺の猫の暮らしをお話しくださいまーす。
ここでチャリティーの写真販売するのだニャ〜るんるん

                               さくら

    
 
           


posted by はんなり at 14:56| Comment(0) | スタッフの日々のこと

2016年06月17日

携わった出版のおしらせ

スケジュール開催のお知らせ以外、
相当ご無沙汰なブログアップになってしまいました、なんと今年初めてですがく〜(落胆した顔)
年始めから仕事が続き、居眠り運転になりそうな日々を送りながらも、
お仕事をいただける幸せをかみしめていました。
同様にはんなりスタジオもリピーターの方々においでいただき、
新しいお客様ともたくさん出会いながら5年目を迎えております。黒ハート

今後の大目標はHPとブログのリュニューアル!
これまでのお客様の写真もどんどんアップしていきたいです!手(グー)

さっそくですが3月末に出版された冊子のご紹介。
つくばの子育て広場として中核的な存在のNPO 子育て広場「ままとーん」さんから、
子育て情報誌「ままとーん」が出版されました。
ままとーんのママスタッフさん達が自ら足を運んで撮影して取材してます。
わたしは撮影のアドバイスをさせていただいたり、
表紙撮影をさせていただいたり、お手伝いさせていただきました。
_MG_5946.JPG

茨城県南の公私立の幼稚園、認定保育園、子育て支援センター、フルースクールの最新情報が
び〜っしり詰まっています。
出産&子育て中のママ達がリアルに知りたい情報をここまで網羅しているのは、
等身大のママスタッフさん達が力合わせて取材&編集した結晶だからでしょう〜本当に拍手
_MG_5968.JPG

こんな素晴らしい冊子に、はんなりスタジオもご紹介いただきましたー

ままとーんの本屋さんにて750円にて発売中!
これは子育てママとって、なくてはならない保存版です

posted by はんなり at 13:13| Comment(0) | スタッフの日々のこと

2015年09月02日

ミキハウス子育て総研さんのフリーペーパー Happy-Note 懇親会にて

昨日は、いつもお仕事をいただいている子育て情報誌Happy-Noteさんが、
おめでたく発行11年目を迎えられ、懇親会に参加させていただきましたー。
おめでとうーーございます! 

思えば、育児雑誌の仕事は長く、
むかし、ミキハウスさんが出版されていたミキハウス LOVEという
かわいいグラビア雑誌がありました。
主に全国の保育園や幼稚園の撮影をさせていただいたのですが、楽しかったなー。
そして年月流れ、
こうしてまた、ミキハウス子育て総研さんより発行されている
Happy-Noteでお仕事させていただき、ご縁をかみしめつつの楽しいパーティーでした^^

FullSizeRender.jpg
左の美人さんも同業のカメラマンさん。
初めてお会いして楽しいおしゃべり

posted by はんなり at 23:34| Comment(0) | スタッフの日々のこと

2015年08月25日

大切なhannariのロゴ

来月でhannariは5年目を迎えます。
この場を借りて、ご来店いただいた沢山の皆さま、 
撮影場をご提供して下さってます須田帆布のみなさま、この場を借りてお礼申し上げます。

たくさんの方々に甘え、支えていただきながら5年目を迎えますが、
スタジオ立ち上げ時にイラストレーターまつおかたかこさん
hannariのロゴを作っていただきました。
この愛らしいロゴによってスタジオのイメージは固まり、
さらにHPのアイコン、文字なども描いていただき世界感が決まりました。

top-logo.png

そんな大きな力を貸していただいてます、たかこさんが、
世界最大級の絵本原画コンクール
2015イタリア、ボローニャ国際絵本原画展にて入賞されました!
世界中から3000展もの応募の中から入賞されたのです。
すごいです、たかこさん!

post001.jpg
入賞記念展として9月5日〜13日まで兵庫県西宮ギャラリーにて
「2015 ボローニャ絵本原画展入選記念 まつおか たかこ個展」 が開催されます。
同じく西宮市の大谷記念美術館にて「 ボローニャ絵本原画展」巡回展開催中です ぴかぴか(新しい)

こんな素晴らしいアーティストさんのhannariのロゴ。
ただいま、心機一転、新しいロゴのお願い中。
なんてありがたく、幸せなんでしょう〜黒ハート

posted by はんなり at 10:53| Comment(0) | スタッフの日々のこと

2015年08月01日

普段の仕事より

表紙を撮らせていただいた単行本が一昨日出版されました。
ホテルのコンシェルジュの草分け的存在、
阿部圭さんによる「お客様の”気持ち”を読み解く仕事 コンシェルジュ」
NHK、プロフェッショナル仕事の流儀でも取り上げられた女性です。
プロとして妥協を許さず、同僚スタッフを厳しく導くその姿をテレビで拝見していたので、
怖い方なのかな〜と現場に伺えば、物腰が柔らかく、自然体の笑顔。
出来る方ほど決してえばらず、虚栄を張らず、ご謙虚であるという姿勢を
さらに確信した訳です。

仕事って、いかに相手の立場に立って、満足してもらえるかっていう人間力ですよね。
まだまだ力不足のわたし。
ゆっくり拝読させていただきまする。

IMG_1857.JPG
 旬のテーマである ”おもてなし” 
 発売ほやほやで、すでに増刷の様子ダッシュ(走り出すさま) 
posted by はんなり at 11:45| Comment(0) | スタッフの日々のこと

2015年06月17日

タチアオイの生きる道

自宅のすぐ隣りの空き地に咲くタチアオイという花。
どうしてこのような立ち姿で生きていこうと決めたんだろう。
誰にこびるコトなく、天に見てもらえたら良いかのように凛としている。
近寄って一つひとつの花を見ると、
可憐な花びらを幾重にもまとい、
なんだちゃんと美しい花じゃないか。
image.jpg

咲く足元にはまだまだ満開のままの姿が生々しく落ちている。ほかの花々のように花びらが一枚一枚落ちるのではなく、萎んでいくではなく、地面に咲く花を一度真似してみようという感じで。
それが、なんとも言えなく愛おしくて
image.jpg

家に来てもらいました^ ^
image.jpg
ちょっと居心地悪そうだったけど、ステキよ。
あなたは雑草のように強靭な生命力だと聞きました。
仲間はまだまだニョキニョキ天に向かって元気です



posted by はんなり at 07:06| Comment(0) | スタッフの日々のこと

2015年05月04日

龍三さんを観に行かなきゃ!

GWはお天気に恵まれて、気持ちいい休日をいかがお過ごしでしょう〜

GW突入から映画公開されてる「龍三と七人の子分たち」。
早く観に行きたい行きたいと思いつつ、まだ行けてない〜
なんで?って、先日、龍三親分扮する藤竜也さんの撮影をさせていただたからです〜
目の前に現れた藤さん、素敵に年を重ねてこられた男の色気、渋さ、
そしておちゃめな笑顔、すっかり虜になってしもうた。
ただいま発売中の女性誌「パンプキン」&映画  良かったらご覧ください

IMG_1556.JPG
posted by はんなり at 23:16| Comment(0) | スタッフの日々のこと